激務の東進をやめて家庭教師になる人もいる

東進ハイスクールは有名な予備校です。浪人生だけではなく、現役生向けの講座を開いており、現役の高校生からも評価されています。そのように評判の良い学校なのですが、そこで働く人は激務に耐えなければなりません。残業が多いですし、自分が担当する仕事もたくさんあって、体力のある人に向いた職場になります。激務の東進の仕事に耐えられずに、家庭教師になる人もいます。家庭教師も楽な仕事ではありませんが、東進にくらべたら働きやすいです。残業もほとんどありません。
東進で働いていた家庭教師は、確かな技術を持っています。予備校なので大勢の生徒の前で授業をしなければなりません。たくさんの生徒を惹きつける授業をするには、高い技術が必要になります。また自分が教える専門の教科に関する知識も豊富なので、家庭教師をする時にそれを生かして働くことができます。
家庭教師の仕事はマンツーマンなので、予備校の仕事ほど技術は必要ではありません。一人の生徒だけに教えれば良いので、その生徒に合った授業をすることができます。もし家庭教師を頼む場合は、その先生の前の仕事を派遣会社に問い合わせてみましょう。ずっと家庭教師をしている人もいますが、別の仕事から転職した人も少なくありません。例えば、さまざまな事情により、学校の先生からこの仕事に転職をする人もいます。学校の先生よりは、東進のような予備校の先生の方が教える技術を持っています。学校の先生は1回採用されたら、首になることは少ないです。給料も簡単に下がりません。しかし、予備校の先生は生徒から苦情が来たり、教え方が下手だったら給料が下がったり、最悪の場合は解雇されることがあります。そんなことにならないように技術を磨いているので、予備校の先生の方が家庭教師に適しているのです。