生徒との仲の良さより実績を取るならプロ家庭教師一択

家庭教師会社には、授業料を安くして回せる学生家庭教師が多く取られているということがあります。
実際、勉強の苦手な子、人見知りしがちな子のニーズとして、年の近い先生で気軽に話せる人がいいというものがありますので、そのような点からしても学生家庭教師は重宝されがちです。
また、自分自身が受験した時期が近いことから、より即時的、実践的なアドバイスができるということもあるでしょう。

しかし、授業計画や腕のことならやはりプロ家庭教師が一番です。
プロなら、限られた生徒のみならず、様々な子を見ています。
成績のいい子、悪い子、性格のいい子、やんちゃな子、頭はいいけれど補習だけ出来ればいいという子、下位層から難関トップ校を是非狙いたいという子など、生徒になる子供には実に色々いるものです。
ですから、そのような場数を踏んで、経験から指導法も磨いており、実績もつけてきたというプロ講師には、見られる内容や質の幅に違いがあります。

学生講師も採用されて紹介されているわけですから、それで全く問題ない範疇というのはあります。
それならむしろその方がいいということもあるでしょう。
しかし、それで物足りない、家はこのような需要があるなとはっきりした目的意識をお持ちのご家庭なら、プロ家庭教師の派遣を相談してみることは有益です。

きっちりと毎時間毎時間ここまで出来たということを積み重ねていって、ゴールまで教師と二人三脚で頑張りたいという気持ちの場合は、プロ家庭教師に頼めば確実です。
子供との距離を取るのがうまく、和やかにお喋りが上手にできるのはいいけれど、そちらだけで盛り上がってしまいがちな時があるのが気になるなという場合も、プロ家庭教師向きかもしれません。
子供との付き合い方の方面で心配があるなら、プロに関しても、明るい性格の人がいい等の希望を出せば問題なく聞いてもらえます。